2006年02月22日

『博士の愛した数式』

有休をとって、友人と『博士の愛した数式』を観に行った。
『阿弥陀堂便り』のときと同様、お客さんは中高年以上が
大多数。中にはご夫婦で来ている人も。
なんだかとてもうらやましい揺れるハート
結婚して共に年を重ね、
「映画でも観に行こうか」ムード
なんて会話ができるなんて。
熟年離婚などという言葉がちらほら聞かれるようになった
昨今の夫婦事情。バッド(下向き矢印)
夫、妻お父さん、お母さんおじいちゃん、おばあちゃん同居人
・・・なんて味気ない関係でしょう!もうやだ〜(悲しい顔)
年をとってからも彩りのある夫婦揺れるハートでいられたらいいな。

おっと、脱線。
『博士の愛した数式』
主役の一人は深津絵里。踊るシリーズではいかにもパリッとした
雰囲気だったけど、今回は広い暖かさをもった家政婦さんの役が
しっくりとはまっていた。かわいい
寺尾聰は。記憶に障害をもつ数学博士という一癖ある役にも拘らず、
なんとも違和感のない演技。さすがだなぁ。ぴかぴか(新しい)
全体的に暖かく純な印象のストーリーでした。
(唯一、息子“ルート”の回想という展開の仕方が自分には
なじみにくかったですが・・・)

話の随所に出てくる数学の公式、理論なども興味深く、予想以上に
楽しめた気が。本

しっとりと、豊かな気持ちにさせてくれる映画でした。ひらめき

おススメ度:★★★★
posted by きゅん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

へこみ日記

地元のあたりが爆撃されて炎上している夢で目が覚めた。爆弾
どんな意味があるの!?

気を取り直して。ひらめき
今日こそは皮膚科に行こう!病院
就活あたりからできたうおの目足らしきものと、
良くなり悪くなりしながら約10年もの間
付き合ってきたが、さすがにそろそろ完治に
向けてお医者様の治療を受けてみようかと
やっと重い腰を上げたわけです。ダッシュ(走り出すさま)

iタウンページで良さそうな皮膚科はチェック済み。
まずは三和町の皮膚科から・・・・
『本日休診』
えーーーー、土曜日午前中はやってるって
書いてあったのに〜〜あせあせ(飛び散る汗)
しょうがない。じゃぁ地元丸塚町のお医者さんの
方に行ってみようか・・・
『本日休診』
なんでじゃーーここもかぁ〜〜!!むかっ(怒り)
せっかくの決意も見事に打ち砕かれたわ。バッド(下向き矢印)

こうなったらもう一つの目的地、ジャスコ市野へ。
ものぐさな私に合ったワンデーのレンズを買いに。
巧妙なセールストークで予定していたのより目
ちょっと高いのになったが、まぁよかろう。ひらめき
併設の眼科で診てもらい、サンプル品も入れて
もらった後、戻ってレンズを2箱購入・・・
したけど、なんだかどうも遠近感が変!!どんっ(衝撃)
で、悩んだ末もう一度眼科で診てもらい、度数を
調整しなおしてもらって、レンズも無事交換して
もらえた。よかった。かわいい

ついでに市野をふらふらしてたら、今日の催し物が
始まった。
おぉ、『王様』じゃん!カラオケ
あの翻訳ロックンロールの。なつかしー。
結構盛り上がってました。

さらにふらふら。
で、散々迷い悩んだ挙句、服を購入。ブティックぴかぴか(新しい)
自分のを3着、彼のを2着。揺れるハート

今日は思わぬ出費をしてしまったなぁ〜〜。ふくろ
でもうちに帰って早速今日買ったカットソーを
着てみたら。
『え、あたしってMサイズじゃなかったっけ??』
ってくらい結構ぴったりしてて。たらーっ(汗)
最近みんなスタイルよくなってるから、手足が長い
だけじゃなくて、横幅まで基準変わってきてるのかな?
なわきゃないか。

ステキに着こなすためにも、夏に向けても、
ちゃんと運動してなんとかしなくちゃなー。

うむぅ、なんかいまいちな一日でした。

そういえば。今日は祝日でしたね。モータースポーツ
それもうちに帰って思い出し。家
どうりで皮膚科やってないわけだよ。眠い(睡眠)
日祝日休診、ですもんね。
やれやれ・・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
posted by きゅん at 20:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

卑怯じゃないか?

会社のA子さんがS君と付き合い始めた。
それを先日聞いたとき、彼女は同じ課のB子さんに
話し出せず悩んでいると言っていた。

A子さんとS君はB子さん主催の合コンで知り合った
のだけど、B子さんもひそかにS君のことがいいと
思っていたようで。
その話は私も聞いていたけど、気になるなぁっていう
くらいにしかそのときは言っていなかった。
S君の会社とは仕事のつながりもあり、伏せ続けて
おくのも不自然になるし、気持ち的にも複雑、という
ことで、思い切って告白することに。

お昼休み。話を切り出すきっかけを私が作った。
いきなりS君と付き合い始めたと言うんでは
あまりにも唐突で、ショックも大きかろうということで、
とりあえずは前の彼と別れたことから前フリとして
もっていき。
『実は去年別れてたんです』
となんとか言えたところで。
後は付き合い始めた彼のことを。
『でも最近新しい彼ができて・・・』
外野が追求する形で、ようやくS君の存在を告白した
まさにそのとき。

『・・・・・・・・・・』

B子さんが泣き出し。
一同戸惑って。
誰もそんなことを予測していなかったから。
というのも、B子さんはS君以外にも本命だという相手もいて、
そんな真剣だという感じがなかった。
気になっていたけど、確かめる勇気がなかった、と。

にしても。
本人もうすうす気づいていて、しかもそのときの話の流れも
十分見える内容だったはず。

なぜそこでこらえられないんだろう?
というのは酷でしょうか???
そこまで想いが深かったんだ、という見方もできるが
付き合っていたのを裏切られたわけでも、全く知らないで
いたのを急に知らされたわけでもないんだし。
私にはものすごくわがままに見えた。
自分のことしか考えてないというか。
みんなに自分のこと中心で見てほしいというか。

もともとちょっと自己中なところは感じていただけど。
普通にお付き合いを始めただけのB子さんが、まるで
悪者に見えるようなシチュエーションに持っていった
彼女が、ちょっと嫌いになりました。
posted by きゅん at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。