2006年02月04日

卑怯じゃないか?

会社のA子さんがS君と付き合い始めた。
それを先日聞いたとき、彼女は同じ課のB子さんに
話し出せず悩んでいると言っていた。

A子さんとS君はB子さん主催の合コンで知り合った
のだけど、B子さんもひそかにS君のことがいいと
思っていたようで。
その話は私も聞いていたけど、気になるなぁっていう
くらいにしかそのときは言っていなかった。
S君の会社とは仕事のつながりもあり、伏せ続けて
おくのも不自然になるし、気持ち的にも複雑、という
ことで、思い切って告白することに。

お昼休み。話を切り出すきっかけを私が作った。
いきなりS君と付き合い始めたと言うんでは
あまりにも唐突で、ショックも大きかろうということで、
とりあえずは前の彼と別れたことから前フリとして
もっていき。
『実は去年別れてたんです』
となんとか言えたところで。
後は付き合い始めた彼のことを。
『でも最近新しい彼ができて・・・』
外野が追求する形で、ようやくS君の存在を告白した
まさにそのとき。

『・・・・・・・・・・』

B子さんが泣き出し。
一同戸惑って。
誰もそんなことを予測していなかったから。
というのも、B子さんはS君以外にも本命だという相手もいて、
そんな真剣だという感じがなかった。
気になっていたけど、確かめる勇気がなかった、と。

にしても。
本人もうすうす気づいていて、しかもそのときの話の流れも
十分見える内容だったはず。

なぜそこでこらえられないんだろう?
というのは酷でしょうか???
そこまで想いが深かったんだ、という見方もできるが
付き合っていたのを裏切られたわけでも、全く知らないで
いたのを急に知らされたわけでもないんだし。
私にはものすごくわがままに見えた。
自分のことしか考えてないというか。
みんなに自分のこと中心で見てほしいというか。

もともとちょっと自己中なところは感じていただけど。
普通にお付き合いを始めただけのB子さんが、まるで
悪者に見えるようなシチュエーションに持っていった
彼女が、ちょっと嫌いになりました。
posted by きゅん at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12738729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。